2月, 2016 | @高額副業

「2016年2月」の記事一覧

せどりはお金がないときに有効な手段

せどりはお金がないときに有効な手段と言えますし、初期投資額が少なくてもお金を得る事が出来る可能性が高いです。

本や衣類、家具、家電と対象は色々とありますが、いずれの商品でも安く手に入れて高く売れる場所で売るという事になりますから、差損分が利益となりますし、非常に有効なお金の作り方と言えます。

特にお金がないときでも中古店に行ったり、ネット検索で実際の価値よりも安くなっている商品を探して購入し、それを適性価格で売却するという方法ですから、商売における根本的な基本にもなり、せどりを続けていくうちに世の中のニーズが見えてくるという利点もあります。

ニーズが解ればさらに稼ぎやすくなりますし、商売を初めてから比較的早くお金が手に入る事からも、誰でも気楽に行う事が出来るビジネスとして有効です。

初期投資額すら無い程にお金に困っている場合は、商品を手に入れる前に所持している品物の中で要らない使わないものを探して売却すれば、せどりの初期投資額程度を作る事も出来ますし、数千円や数万円程のお金を用意したい時には有効な手段です。

もちろん大きなお金が必要という時には、いきなりせどりだけで稼ぎ出すのはハードルが高いですし、金融業者に工面してもらったり、周りの家族等から借入を行うという事が必要な場合もありますが、慣れてくればせどりでも大きな利益を産む事も可能になります。

商品の目利き力が高まれば効率的にお金を作り出す事も出来ますし、最初詳しいジャンルの商品が無かったとしても、せどりを続けていけば自然と適性価格がどの程度のものかが解ってきて、適性価格より値段が下がっている場所も見えてきますから、そうなれば労力負担も小さくお金を作る事も出来ます。

副業としてもせどりは有効な手段であり、本業で行っている方も居ますから、簡単に開始出来て辞めるのも簡単という気楽さがあり、お金がないときに行ってみても良い形のビジネスと言えます。

慣れると稼げる様になってくるお小遣いサイト

まとめnaverというお小遣いサイトをご存じでしょうか。色々な事柄について、ネットで集めた情報をまとめて一つの記事にしているサイトです。ここが大成功したので類似のサイトも出てきています。

これらのサイトは、あくまでユーザーが独自の視点で再構築した情報の発表の場という体なのですが、実際はお小遣いサイトとして利用されているのが現実です。PV数に応じた報酬が運営からまとめ製作者に支払われる為です。

「まとめ」という名のとおり、殆どの記事がネットからのコピペで作られています。検索して出てきた文章や画像を引用して構成し、自分の言葉はごく僅か。つまり誰でも作る事が可能で、お小遣いサイトとして実に優秀です。実際、参加しているユーザー数は膨大です。そのため残念ながら報酬は下降傾向にあります。下がっても簡単なのでやる人が後を絶たないからです。

最初のうちは上手く作れないと思います。引用だけでも案外に苦労するものです。ですが、いくつか作る内に慣れてきて作業時間は短く、PVは多くとなってくると思います。

なお、どれだけ情熱を持って良いまとめを作っても、検索に引っかかり観覧されなければ意味はありません。これらのサイトでは内容の良さといったものは殆ど意味を成しません。良いまとめに報酬が支払われるのではなく、あくまでPV数に対して支払われるからです。

ただ、良いまとめを作り続けている人は運営の目にとまり、トップページに掲載して貰うことも増えます。トップページに掲載されると、どんなジャンルでも一気にPVは増えます。ですので、急がば回れで良いまとめを作り続けるのも一つの手です。
単にお小遣いサイトだし、楽をしたいというのであれば、有名人や季節の行事など検索されやすい題材を選ぶと良いでしょう。この時大事なのはとにかく興味を引くタイトルをつける事です。これは他の人のPVが多いまとめを見てると何となく判ってくると思います。googleやyahooの検索に引っかかる上で、最重要なのは記事のタイトルで、これは今も昔も変わらないことです。

本業に差し障ることのないサラリーマン副業

私はサラリーマン副業をしています。稼げるのは月々数万円といったところでしょうか。もうちょい欲しいと思うこともありますが、作業に費やす時間や労力を考えると、これ以上の贅沢は言えないでしょう。なにしろ私がサラリーマン副業をするのは週末の夜だけなのですから。しかもテレビを見ながら、のんびりとです。そんなゆらゆらのんびりとした副業であっても月に数万円は稼げるのですから、ここは感謝すべきだなと私などは思ったりするわけです。

もちろん高収入の副業もいいなと憧れることもあります。しかし、高収入の副業にはそれに見合った労力が必要とされるもの。副業で疲れるのは嫌だよねという気持ちが心の奥底にあるものですから、私はどうしても高収入の副業には気後れしてしまいます。高収入の副業をやっていまる友人もいますが、それはそれは大変そうです。ちょっと心配になるくらい副業に明け暮れているようです。こないだ会ったときは、副業のやり過ぎで体調を崩してしまったと嘆いてもいました。そういう友人の姿を見ているものですから、私としては気兼ねなくやれるサラリーマン副業こそが自分らしくあるかなと思うんです。副業はしょせん副業、本業ではないのです。あまり気張らず、のんびりとやりたいところです。

ところで、先日のことですが、サラリーマン副業についてテレビで特集番組が組まれていました。そこに様々な男女が登場していたのですが、みなさん一様に稼ぎの大小ばかりを問題にしていて、それが楽かどうかについては触れていませんでした。察するに、彼ら/彼女たちも相当な時間を副業に費やしているようで、それゆえの高収入といった感じでした。う~ん、私ならもうちょっとゆとりをもって副業するだろうな~。そう思わずにはいられませんでした。

どれだけ稼げるかなんてことはサラリーマン副業にとっては二次的な問題だと思うんです。本当に大切なことは、どれだけ本業に差し障りなく副業をできるかということです。1ヶ月で100万も稼げる副業とあらば私だって必死になるかもしれませんが、そこまで稼ぐには大変な努力が必要となるはずです。しかし、月々数万程度でよいなら、誰でも今すぐ稼ぐことができます。例えば、クラウドソーシングや副業アプリを利用すれば、月数万稼ぐことなんて簡単です。しかも、私のように、週末の夜を費やすだけで、それが可能なんです。この気楽さこそがネット副業の最大の魅力だと私は思います。あまり張り詰めず気楽に副業したい、稼ぎは月に数万でいい、そんなふうに思っている方にはネット副業がオススメです。

すぐにお金が必要なときはまず不用品をチェック!

毎日とくに贅沢をするわけでも豪遊するわけでもなく淡々と生活していても、とある事情ですぐにお金が必要!というときに財布が空っぽ、口座残高もさみしくて大いに焦ってしまうことは多々あるものです。

そんなとき、ギャンブルに手をだすのはもってのほかです。手元の少ないお金を失うどころかマイナスになってしまって翌月生活がしていけないという事態になる原因になるパターンがほとんどといっていいでしょう。
また、すぐにお金が必要なときに舞い込むおいしすぎる話ややけに日給や時給やよい仕事にも要注意です。必ず何か裏がありますし、裏がなかったとしても仕事内容がハードで怪我をしたり体調を崩したりすれば医療費がかかってしまい結局出費がかさんでしまいます。

出費がかさむくらいで終わればまだよい方で、怪我や病気による後遺症が残ったり、強烈なストレスによってメンタルが弱ってしまったら元も子もありません。

ではすぐにお金が必要なときにリスクなしでてっとりばやくゲットする方法は、身の回りを見渡して不用品をピックアップすることです。使っていないものや壊れたまま放置しているもの、飽きたり好みが変わったのに惰性で置きっぱなしにしているものは意外とたくさんあるものです。ピックアップする作業を始めたその時点から、すぐにお金が必要という緊急事態から既に脱出しかけているといってもいいでしょう。

本や雑誌は古書店で意外といい買値がつくことがありますし洋服や家電、雑貨もネットなどのオークションにかければ、その品を欲しがっている人やいわゆる収集家やマニアから、想像以上の買値を提示されることも珍しくありません。

放置すればただのモノ、捨てればゴミですが、欲しい人にとっては宝です。

すぐにお金が必要と思ったらまずは1点でもいいので不用品をすぐにでも売りにだしてしまいましょう。それがお金になるのはもちろん、気分がスッキリするので新しいことを始めたり、収入を増やすためのアイデアが閃きやすくなったり、努力するのが苦にならなくなるという嬉しい効果のおまけつきです。”

稼げるバイトを選ぶときに注意したいこと

稼げるバイトとは、短い時間でたくさんのお金を手に入れられる仕事のことです。バイトは普通時給制です。まれに日給制もありますが、複数あるバイトの中でごく一部です。バイトの求人を比較するとき、まず注目することになるのがこの時給の金額です。時給の低い求人だと、金額の単位が三桁のものがあります。これを稼げるバイトと断言する人はまずいません。最低でも1500円はほしいところです。

時給は、田舎ほど安く都会ほど高い傾向にあります。田舎とは人口の少ない街のことです。人が少なければ当然バイトの求人数も少なくなります。バイトというよりも、仕事そのものが少ないと考えておいたほうがいいでしょう。正社員もパートの求人数も少ないのです。田舎は時給が安いですが、そのかわり仕事はあまりきつくないという特徴があります。忙しく動き回ることなくのんびりと働くことができます。一方で都会とは、人口が集中する街のことです。求人数が多く、常に忙しい状況下での労働となります。働き手が不足しやすいことから、時給は常に高めに設定されています。時給のいい稼げるバイトは都会に集中しているのです。

時給は高いほうがいいに決まっています。このことに間違いはありませんが、高ければ何でもいいというものでもないのです。例えば街の暮らしです。自分が住んでいるマンションの家賃が高ければ、稼いだお金の大半が家賃に消えていくことになります。これではどんなに時給が高くても得していることになりません。また、労働条件の問題もあります。時給が高いということは、それだけ仕事がきついことの証明でもあります。肉体的、精神的な疲労度が高く、万が一にも体調を崩すようなことにでもなれば、医療費にお金を費やすことになります。バイトで得たお金以上に出費が大きくなってしまうことがありえるのです。

稼げるバイトは、安全に健康に働けてこそはじめて意味をもたらします。目先の時給の高さに目を奪われてはいけません。労働条件や仕事内容、勤務場所など、様々な視点に立って選ぶ必要があるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ