家で仕事をする際は注意!宅配便の受け取り時間を指定しよう

家で仕事をする際は注意!宅配便の受け取り時間を指定しよう

家でできる仕事をしているときは、なるべくその仕事を邪魔されないようにあらかじめ配慮しておいたほうが良いです。

ここでは家で仕事をする際に気をつけておいた方がいいポイントをご紹介したいと思います。

集中力をそらす宅配便には注意しよう

気をつけたいポイントが宅配便の受け取り時間です。

宅配便を受け取るためにソワソワしていたのでは、仕事に対して完全に集中することができません。
心の中で「まだ来ないかな」「遅れているのかな」「時間通りに来なかったらどうしよう」などと考えていては気持ちが乱されてしまいますので、それはあまり良いことではないです。
また、マンションなどですと呼び出しがあってから実際部屋に届けられるまで時間がかかってしまうかもしれませんので、そうして時間をかけさせられるのもできれば避けたいところです。

宅配便の受け取り時間に注意して仕事に集中できる環境を作りましょう。

受け取り時間を指定することがオススメ

作業の不効率化を防ぐためには、配達時間をなるべく指定しておくと仕事の邪魔にならないです。
最近の宅配便はかなり細かく時間帯を指定することができますので、明らかに仕事をしていないであろう時間帯に指定をして宅配便を届けてもらいます。
それならば仕事の邪魔をされるということはまずないですし、すんなりと受け取れますから精神的なストレスを感じないで済みます。

あらかじめ時間帯指定できないタイプの宅配便もありますし、自分が頼んでない宅配便を受け取ることもあります。
それだとさすがにどうしようもありませんが、逆を言えばそれ以外はあらかじめ何とかできるということです。

宅配便の受け取り時間を指定をして受け取るとことがオススメです。

扉にはり紙・ステッカーを貼っておこう

家でできる仕事ではちょっとした心の乱れが仕事に影響してきてしまいますので、そうならないようにあらかじめ配慮しておく必要があります。
訪問のセールスが来てしまうのがマイナスならそれを断るはり紙やステッカーを出しておくとか、意外とその対処をすることは難しくありません。

家でできる仕事ではなるべくぶっ通しで集中して仕事をしたほうがその効率はアップしますので、それを踏まえた上でいろいろと考えておいたほうが良いのです。
営業マンやセールスがよく訪れるのであれば断りのはり紙やステッカーを扉にはっておくと効果的です。

まとめ

宅配便による家の仕事の不効率化について紹介しましたがいかがだったでしょうか。

  • 宅配便の受け取り時間に注意
  • 時間を指定をして受け取るとことがオススメ
  • 断りのはり紙やステッカーを扉にはっておく

家で仕事をするときは上記の内容に注意しましょう。
自宅での作業がストレスになってしまったら元も子もないので工夫をして作業環境を整えていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ